メニュー
新規登録
ログイン
買い物かご
メニューを閉じる
ホーム

絞り込む

商品一覧
カテゴリー
グループ

コンテンツ

会社案内 みのる園茶舗のお茶 店舗のご案内 お問い合わせ

みのる園茶舗のお茶

指定買受人

みのる園茶舗は、製茶問屋です。
鹿児島県茶市場の指定買受人として、鹿児島県内各地から市場に上場される荒茶を入札しています。
入札した茶葉は、様々な用途、茶葉のランクに合わせて、品種持つ特性を最大限に活かすよう、仕上げ加工していきます。

荒茶の仕上げ工程

市場で落札された荒茶は、美味しくお飲みいただける状態になるまで、一つ一つ丁寧に仕上げていきます。

篩分け

お茶の大きさに合わせた網の上で、お茶を篩(ふるい)にかけ、本茶・頭・粉に分けます。

切断

網を通らなかった大きな葉(頭)は切断機を使って同じ長さに切り揃えます。

静電式木茎分離機

篩分けされた本茶は、静電気を通すことで葉と茎に分けられます。

色彩式木茎分離機

静電式で分離できなかった葉と茎を、さらに細かくセンサーによって分けていきます。

火入れ

茶本来の旨味を最大限に引き出すため、適切な温度で焙煎していきます。

合組

様々な用途に合わせて、仕上げ茶同士をブレンドします。

真空・冷蔵

合組されたお茶は即真空パックにし、段ボール詰めされた後、専用の冷蔵庫で保管されます。

小分け・包装

各商品ごとに計量器を使って袋詰めにされ、お店に並びます。